ROMA

ローマの見どころ モデルコース

ローマの代表的な見どころを回るコースです。

1)スペイン広場から出発
[1]スペイン広場 ローマで一番の高級ショッピングストリートであるコンドッティ通りがまっすぐ続きスペイン階段周辺は、いつもたくさんの人で賑わっています。
[2]トレヴィの泉 肩越しにコインを投げるとローマに再び訪れるといわれていることで有名です。
ここから緩やかな坂道を登っていくと、クイリナーレの丘に到着。
大統領官邸のクイリナーレ宮殿があるこの広場の丘からは、遠くにサンピエトロ寺院のクーポラを望むことが出来ます。
[3]パンテオン 118年にハドリアヌス邸が再建したローマ時代の遺構。
パンテオン前のロトンダ広場周辺は、いつも地元の人や観光客で賑わっています。
有名なコーヒー店、タッツア・ドーロやサンテウスタキオは、ここから近くです。
パンテオンからナヴォーナ広場にかけては、地元ローマの人たちも好きな散策コースです。
[4]ナヴォーナ広場 ナヴォ−ナ広場からテヴェレ川の方角に歩くとウンベルト1世橋があります。
橋からサンタンジェロ城(夏は、川沿いのプラタナスの緑の葉が茂り、見えないこともあります。)とサンピエトロ寺院を望むことができます。
ここから、カンポ・ディ・フィオ−リ広場まで歩いていくことが出来ます

2)古代ローマの中心地を巡る
[1]フォロ・ロマーノ ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂のあるヴェネツィア広場から フォーリ・インペリアーリ通りに進み、古代ローマへタイムスリップです。
遺跡を歩くので、歩きやすくしっかりとした靴がおすすめです。
[2]パラティーノの丘 フォロ・ロマーノのティトゥスの凱旋門から坂を上ってローマ建国伝説の地、パラティ−ノの丘へ。
[3]コロッセオ ローマの代表的な観光スポット。コロッセオ見学が終わったら、地下鉄B線 コロッセオ駅から、または、ヴェネツィア広場方面に向かう路線バスで移動することが出来ます。

3)ヴァチカン市国を中心に
[1]ヴァチカン博物館・サンピエトロ寺院 世界中からの観光客がヴァチカン博物館は、いつも長い列です。入場までかなりの時間、 待たされることが予想されます。そして内部をじっくり鑑賞する時間も、もちろん必要です。
午前中早い時間に行きましょう。この日のプランは、時間的に余裕を持つことがおすすめです。
その後、カトリックの総本山、サン・ピエトロ寺院へ。
[2]サンタンジェロ城 サン・ピエトロ寺院から城内は、博物館になっていて、緩やかなスロープで上まで行けるようになっています。また上にある休憩所(カフェ)付近からのサンピエトロ寺院の眺めは、まるで絵葉書のようです。 さらに上に行ってみましょう。ローマの街並みの一望でき、夕暮れ時は、特に美しいです。

その他 おすすめのローマ散策スポット

ヴェネト通りの散策

地下鉄 バルベリ−二駅を出ると、目の前に広がるバルベリー二広場。 ここから緩やかにS字のカーブを描くヴェネト通りの坂道を散策するコース。
坂の入り口には、カプチーノ派の教会「骸骨寺」があります。(入場料はありませんが、入り口で献金するようになっています。)
並木の坂道には、高級ホテル、カフェ、レストランが並び優雅な雰囲気は味わえます。
坂を上りつめるとピンチアーナの門が見え、その奥には、広大なボルゲーゼ公園が広がっています。

地元の市場で

カンポ・ディ・フィオーレ広場
午前中(日曜祝日を除く)には、新鮮や野菜などの屋台が並び、にぎやかで活気があります。
周辺には、カフェ、レストランが建ち並びます。そして広場の一角にある古いパン屋さんで美味しいパンを買って食べるのも楽しいです。広場から少し細い道に入ると地元の人で賑わうトラットリア、古いエノテカ(ワインレストラン)もあり、独特な雰囲気を持っています。

トラステヴェレ地区を散策

シナゴーク(旧ユダヤ人地区)
ローマ風のユダヤ料理店も残っています。
ここから、テヴィレ川を越えてローマの昔ながらの広場、道の残っている下町トラステヴェレ地区を散策するコースです。

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂
サンタ・チェチ−リア・イン・トラステヴェレ教会

伝統的なローマ庶民の下町的なレストランや人気のローマ風ピッツァのお店が多い地域です。
ピッツェリアは、伝統的に夜のみオープンのところも多いので、ご注意下さい。