イタリア現地日系旅行会社 イタリアにあるツアーオペレーターで日本語で現地手配。イタリア旅行・スイス旅行・サッカーチケット・美術館などアレンジが可能です

トップ>オプショナルツアー>フィレンツェ> フィレンツェの老舗 “San Simone” で香水の歴史を学び自分だけのオリジナル香水造り

オプリョナルツアー

フィレンツェの老舗 “San Simone” で香水の歴史を学び自分だけのオリジナル香水造り

ツアーのポイント

フィレンツェに1700年から続く伝統のある香水、薬草店にて、香水学のフェルナンダ先生から簡単に香水の歴史をレクチャーを受けます。香水はフランスが有名ですが、実はイタリアにはローマ時代から香水を使う歴史があります。ルネッサンス時代にフィレンツェで発展した香水はメディチ家のカテリーナ・デ・メディチがフランス王朝のアンリ2世に嫁いだ際に、自分専用の香水を造る調香師をフィレンツェからフランスに連れてゆきました。これが後にフランスの香水を発展させることになりました。

歴史を簡単に学んだあと、先生と助手の指導の下たくさんの香水エッセンスを試してみます。そして気に入ったエッセンスを調香しながら オリジナルの香水造りです。香水造りでは、香りによりエッセンスをベーシック、中間、そして先端とピラミッド型に積み上げて行きます。 それぞれ2,3種類の選んだエッセンスを先生が経験と調香技術により配合の割合を決めて世界に一つのオリジナル香水が出来上がり ます。自分のオリジナルの名前を付けて、最後に配合したリストと香水学を学んだ証明書を頂きます。オリジナル香水のレシピも大切に 保管しましょう。フィレンツェの文化・歴史に詳しい日本人ガイドさんの通訳がありますので安心です。

(調香の参考)

Piramide Orfattiva 嗅覚のピラミッド 香水を理解するのに大切、3ステップに分かれる
下 Note di Base ラストノート 香水の香りを決定づける土台となる長く続く香り
中 Note di Cuore ミドルノート 中心となる重要な香り
上 Note di Testa トップノート 揮発性で短い香りで後に続く香りを開かせる役割

香水の構成要素となるエッセンスの特性により、ベース・中心・トップに分類される中から、それぞれ選んでゆきます

イメージ
イメージ

スケジュール 午前コース (他の参加者との混載コース)

10:00 共和国広場の凱旋門の下にある本屋「RED」前に、日本人ガイドがお迎えに伺います。
徒歩で旧市街を10分ほど歩きお店へ、約45分のレクチャーの後、オリジナル香水を造ります。
12:30頃 香水と証明書をもらい終了です。お店またはフィレンツェ市内で解散となります。

午後コース(プライベートコース)

15:00 フィレンツェ市内中心部のご宿泊ホテルに、日本人ガイドがお迎えに伺います。
※開始時刻は15時からリクエスト可能、集合場所は本屋「RED」前も可能です。
徒歩で旧市街を10〜15分ほど歩きお店へ、約45分のレクチャーの後、オリジナル香水を造ります。
17:30頃 香水と証明書をもらい終了です。お店またはフィレンツェ市内で解散となります。

ツアー詳細

ご旅行代金 2名様より催行 お1人様につき 
午前 混載ツアー €175.00
午後 プライベートツアー €220.00
ツアー催行日 2020年3月31日迄 月曜〜土曜
不催行日 日曜、イタリアの祝日、イースター及び夏休み、クリスマス、年末年始等の休暇時期
料金に含まれているもの 日本語ガイド料金
香水造り体験料金
ご自身で作ったオリジナル香水
証明書
料金に含まれないもの ガイドへのチップ
備考 ※2名様より催行の混載ツアーです。 
※1名様で催行ご希望の場合、料金は1.8倍となります。 
※午前は他のお客様との混載ツアーとなります。
※午後のプライベートコースの開始時刻は15時からリクエスト可能です。15時前のリクエストは受付致せません。お店の都合により開始時刻が変更となることもございます。
※イースター及び夏休み、クリスマス、年末年始等の休暇時期は長期休業となる場合がございます、お問い合わせください。
※イタリアの慣例としてガイドへのチップをお心付けください。

お申し込みお問い合わせ

このツアーに関するお問い合わせ申し込みはお気軽にこちらまで。

トップ | 特定商取引法の表示 | プライバシーポリシー | サイトマップ

MAX HARVEST INTERNATIONAL S.R.L マックスハーベストインターナショナル社(ミラノ本社)
主催者:荻原雅典 旅行業取得ライセンス番号:54386/00
MAX HARVEST INTERNATIONAL S.R.L.は、所在地イタリアの国内法に基づいてご旅行が締結されます。日本の国内法には準拠いたしませんのでご了承下さい。